ハワイアンファブリックのファブリックラナイ

How To Make > レッスントートの作り方1


< 出来上がりサイズ >
 
約W42p×H32p D18p  / 持ち手:60p
< 材料 >         
ハワイアンファブリック 1.5yd、 帆布1m、片面接着キルト芯1m、50pファスナー

※見本生地の場合の参考材料です。


1.
材料を用意します。サイズ表を参考にそれぞれのパーツをカットしてください♪

2.
外ポケット用のハワイアンファブリックに接着キルト芯を貼り付けましょう。中温のアイロンで、押さえすぎないように貼り合わせます。
※右の画像は分かりやすいようにずらして置いてありますが、ぴったり重ね合わせてくださいね♪

3.
2枚ともキルト芯を貼りましょう。

4.
と、外ポケット用の帆布を中表に重ねます。

5.
上部をぬいしろ1pで縫いましょう。

6.
ひっくり返して、

上部に2本ステッチを入れて押さえましょう。


7.
側面用のハワイアンファブリックに接着キルト芯を貼り付けましょう。


8.
本体用のハワイアンファブリックに接着キルト芯を貼り付けましょう。

9.
の外ポケットを重ねて、3辺をぬいしろ5mmで仮縫いしておきます。

2枚ともしてくださいね(*^_^*)

10.
バッグ本体とを右の画像のように中表に合わせて、ぬいしろ1pで脇を縫いましょう。
※底部分は1p縫い残してください☆
分厚くなるので気を付けてミシンを掛けてくださいね。。

分厚いところはマチ針で止めにくいので、画像のようなファブリッククリップがあると便利です(*^^)v
(手芸用の洗濯ばさみのようなクリップです。)

11.
もう片方の側面も同じように縫い合わせてください。

12.
4本脇が縫えました。
※4本とも一番下は1p縫い残してくださいね〜。

13.
残った短い底部分をぴんと張りながら、ぬいしろを合わせます。底側からぬいしろ1pで縫い合わせましょう。

底や側面が別布になったバッグは角を縫うのが難しく感じますが、1辺ずつ縫っていくと、とっても簡単なのです(*^^)vただし、角に穴が空かないように、縫い残しは全て1pで返し縫いを忘れないでくださいね♪

ひっくり返すとこんな感じ。きれいな角が出来ました。

14.
内ポケットを作りましょう。
それぞれポケットの上部は、アイロンで三つ折してステッチを入れておきます。

15.
小さいポケットは残りの3辺をアイロンで折ります。

16.
大きいポケットは下の辺だけアイロンで折ります。

17.
小さいポケットを帆布本体の中央、上から12pくらいのところに縫い付けます。(上部以外の3辺を縫ってください。)

18.
大きいポケットは、帆布と脇を合わせて、上から14pくらいのところ置いて、赤線を参考に下部と仕切り部分を縫ってください♪

19.
表のハワイアンファブリック同様、帆布も仕立てましょう。
脇を3本縫いましょう。それぞれ、一番下は1p縫い残してください♪


脇の最後の1本は、15pほど縫い残して、『あき』を作ります。

20.
表のハワイアンファブリック同様短い底の辺を縫い合わせます。

21.
持ち手を作りましょう。
上から帆布、接着キルト芯、ハワイアンファブリック。

22.
ハワイアンファブリックの長い辺を両側から、各1.3pアイロンで折ります。

23.
さらに半分に折りたたみます。

24.
アイロンで折りたたんだハワイアンファブリックを広げて、右の画像のように、接着キルト芯と帆布を重ねます。

25.
包み込むように、ハワイアンファブリックを折りたたんで、マチ針で止めましょう。

26.
端と中央に、計4本ミシンステッチを入れましょう。

27.
2本出来ました♪

次のページへ

このページはハワイアンファブリックをご購入されたお客様とハンドメイドを個人で楽しんでいる方のためのページです♪このページを参考にした商用利用は固く禁じさせていただいております。


Copyright (C) Fabric Lanai. All Rights Reserved.