ハワイアンファブリックのファブリックラナイ

How To Make> マザーズバッグの作り方


< 出来上がりサイズ >
 
約W47p×H33.5p 底D18p×W36p  / 持ち手:約55p

< 材料 >         
ハワイアンファブリック 1yd、 帆布1m
        
※見本の場合の参考材料です。ハワイアンファブリックは柄によって多少必要分量が変わります。



1.
生地を用意します。


ファブリックの柄を見て、縦柄か横柄かお好みの方向でカットしてください。


ちょっと悩んで、今回は縦に決めましたが、横使いもいいですね(*^_^*)

2.
バッグ本体、持ち手、ポケット、見返しは生地に直接線を描いてカットします。底はパターンを別の紙に書き写し、型紙を作りカットします。



3.
帆布もバッグ本体と持ち手は生地に直接線を描いてカットし、底は型紙に合わせてカットしてください。



4.
ハワイアンファブリックのバッグ本体を中表に重ねて、両脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。


5.
のバッグ本体に底をぬいしろ1pで縫い合わせます。見本の生地は柄合わせをしています。




6.
持ち手を作りましょう。
今回は芯の代わりに、帆布を使います♪


7.
持ち手の両側を1.5pずつアイロンで折ります。


8.
アイロンで更に半分に折ります。


9.
に帆布を挟みこんでください。


10.
持ち手の両側にミシンでステッチを入れます。


11.
共布のしっかりした持ち手が出来上がりました♪


12.
バッグ本体と同じ横幅のポケットを作りましょう。


13.
上部を1pアイロンで折ります。


14.
アイロンで更に1.5p折り、ミシンでステッチを入れてください。


15.
右の写真のように帆布のバッグ本体とポケット布を重ねます。

両端から14pのところをミシンで縫って(赤線)、仕切りを作りましょう。



16.
もう片面は中心をミシンで縫って(赤線)、仕切りを作ってください。



17.
ポケットを付けた帆布のバッグ本体を中表に重ねて、両脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。


18.
ハワイアンファブリックと同じように帆布も底を縫い付けます。


19.
見返しを作りましょう。


20.
見返しを中表に重ねて、バッグ本体と同じようにぬいしろ1pで両脇を縫い合わせます。


21.
片側をアイロンで1p折ります。


22.
持ち手を付けましょう。
右の写真を参考に、持ち手が5mmほど上にはみ出すようにマチ針で止めてください。


23.
ミシンかしつけ糸で仮縫いします。


24.
バッグ本体の上部と、見返しのアイロンで折っていない方を合わせて、中表に重ねます。




25.
ぬいしろ1pで見返しを重ねたバッグの上部をぐるりとミシンで縫いましょう。


26.
見返しを内側に倒して、アイロンで整えます。


27.
バッグ本体と帆布の底部分のぬいしろ同士を縫い合わせて中綴じします。(直線部分だけでOKです。)


28.
帆布が表にくるようひっくり返してください。



29.
ハワイアンファブリックのバッグ本体と見返しの縫い目まで、きっちり帆布の上部を合わせます。


30.
帆布に見返しを重ねて、マチ針で止めて、見返しの端をミシンでステッチしてください。


31.
表側からもう1本、バッグ上部にミシンでステッチを入れます。


32.
完成〜(*^_^*)
お疲れさまでした(^o^)丿

今回は接着芯を使わず、持ち手の裏にも見返しの裏にも帆布を使用した、簡単な作り方にしてみました♪



このページはハワイアンファブリックをご購入されたお客様とハンドメイドを個人で楽しんでいる方のためのページです♪このページを参考にした商用利用は固く禁じさせていただいております。


Copyright (C) Fabric Lanai. All Rights Reserved.