ハワイアンファブリックのファブリックラナイ

How To Make> タウンバッグの作り方


< 出来上がりサイズ >
 
Lサイズ:約W43p×H30p D12p  / 持ち手:50p(正味:約41p)

Mサイズ:約W36p×H23p D10p  / 持ち手:40p(正味:約31p)
< 材料 >         
ハワイアンファブリック 0.5yd、 帆布50p、片面接着キルト芯50p、本革持ち手、マグネット
        
※見本の場合の参考材料です。(今回は0.5ydで本体のみです。)ポケット布、持ち手を共布で作られる方は1ydご用意ください。見本のハワイアンファブリックを使用される場合でも、良い柄を中心に持ってきたい方は1ydオススメします♪



1.
材料を用意します。


2.
ハワイアンファブリックと帆布をカットします。ハワイアンファブリックの柄を見て、カットする位置を決めてくださいね♪


3.
粗裁ちしたキルト芯の接着面の上にハワイアンファブリックの本体を重ねます。

4.
アイロン(中温)で引っ付けます。キルト芯を押しつぶさないように、ハワイアンファブリックをなでるようにアイロンを当てるだけで簡単に接着します。

気になる方は、保護のためハワイアンファブリックの上にもう一枚生地を重ねてから当ててくださいね。



5.
バッグ本体の形に沿って、余分なキルト芯をカットします。


6.
キルト芯を付けたハワイアンファブリックを中表に重ねて、両脇、底面をぬいしろ1pで縫い合わせましょう。


7.
底に12cmの三角マチを作ります。

8.
ぬいしろ1.5pほど残して、カットしましょう。


こんな感じになりました♪


バッグの形が出来ています♪


9.
ハワイアンファブリック同様、帆布も両脇と底面をぬいしろ1pで縫い合わせます。
その時に画像を参考に15pほど縫い残して『あき』を作ってください♪


10.
ハワイアンファブリック同様、12pのマチを作りましょう。


11.
入れ口部分にマグネットを付けます。
(マグネットの付け方はショルダーバッグの作り方の12番以降を参考にしてください♪)






12.
ハワイアンファブリックと帆布を中表に重ねます。帆布の中にすっぽりとハワイアンファブリックを入れてしまいましょう。


13.
入れ口をきれいに重ねてマチ針で止めて、ぬいしろ1pで縫い合わせましょう。


14.
の帆布の『あき』に手を入れて、ハワイアンファブリックを引っ張り出します。


力が要りますが、がんばって全て引っ張り出してくださいね(*^^)v


全部出ました!


15.
ハワイアンファブリックと帆布の境目に軽くアイロンを掛けてください。
※高温で力を入れて押さないでください!

16.
で縫い残した『あき』を閉じます。目立たないよう端ミシンしましょう♪手縫いでもOKです。


17.
帆布をハワイアンファブリックの内側に入れるように重ねましょう。


18.
外から帆布が見えないよう、ハワイアンファブリックを少しだけ高めになるようにマチ針で止めましょう。


19.
端から5mmのところにミシンでステッチを入れて落ち着かせます。


20.
中心から7.5pの場所に持ち手を付けます。


21.
もちろん、持ち手を付ける場所はお好みで構いません。今回はちょっと斜めに付けてみました♪


22.
マチ針で仮止め出来ないので、付けたい位置にペンシルで線を描いておきます。


23.
針はしっかりと太いもの、糸は手縫い用の太いものをオススメします。2本取りで使用してください♪


24.
最初の玉止めが持ち手に隠れるようにします。右の画像を参考に表から針を刺してください。


25.
持ち手を重ねて、穴に糸を通します。
右の画像では下の左から2番目の穴に糸が出ています♪


次は下の一番左の穴に針を刺して糸を通しましょう。


26.
そのまま波縫いの要領で左回りに針を進めます。
画像は一周終わったところです。


27.
一周終わったら、先ほどとは穴をひとつずらして、もう一周波縫いをします。
上から見て、ミシンステッチのように全て縫えています♪これでしっかりと持ち手がつきました(*^^)v


28.
完成で〜す(*^_^*)
お疲れさまでした(^o^)丿

接着キルト芯を挟んでいるので、しっかり自立します♪見返しを作らないのでとっても簡単に出来上がりました!



このページはハワイアンファブリックをご購入されたお客様とハンドメイドを個人で楽しんでいる方のためのページです♪このページを参考にした商用利用は固く禁じさせていただいております。

Copyright (C) Fabric Lanai. All Rights Reserved.