ハワイアンファブリックのファブリックラナイ

How To Make> ラウンドトートの作り方



<出来上がりサイズ>
 
約W39p×H24p(中心部、持ち手含まず) 底25×16p(楕円)

< 材料 >         
ハワイアンファブリック1yd 、 帆布1m (肩掛タイプ共通)


1.
パターンを別の紙に書き写し、バッグ本体と底の型紙を作ります。

必要分の生地をカットしましょう。



2.
ハワイアンファブリックと帆布を型紙の大きさにカットします。画像にはありませんが、ポケット布(18cm×28cm)もカットしてくださいね。


3.
ポケットを作ります。上部は3つ折りでミシンを掛けて、残りの3辺はアイロンで折ります。
バッグ本体の帆布を広げて、中心にポケットを縫い付けましょう。大きめのポケットですので、2つに仕切って携帯入れにしてみました♪

画像では色が違いますが、バッグと同じハワイアンプリントでポケットをご用意ください。


4.
バッグ本体のハワイアンファブリックと帆布を中表に重ねます。

画像では分かりやすいように、少しずらして重ねています。


5.
持ち手のUの字の部分にマチ針を打ち、ぬいしろ1pでぐるりと縫い合わせましょう♪



持ち手部分、2箇所とも縫ってくださいね。
縫ったあと、カーブ部分に切り込みを入れておきましょう。赤い線参照。


6.
脇を縫い合わせましょう。

ハワイアンファブリック同士、帆布同士を中表に重ねて脇をぬいしろ1pで縫い合わせます。



7.
底付けをしましょう。

バッグ本体の一番下に、タックの印付けをします。本体中心より5pのところから1pおきに3箇所。赤い線参照。



8.
タックの印の中心が山になるように1cmつまんで外側に折りたたんで、マチ針で止めます。2箇所。



9.
ぬいしろ1pで、底をぐるりと縫い付けましょう。



ハワイアンファブリックも同じようにタックを作り、底を縫い付けます。



10.
持ち手をつなげましょう。

ハワイアンファブリックと帆布の縫い合わせたところを広げてアイロンで整えます。


11.
持ち手と持ち手をぬいしろ1pで縫い合わせましょう。この時、表面同士、裏面同士の持ち手を合わせてくださいね。(AとBをつなげる)
つなぎ方を間違えると、買い物袋の形のバッグになってしまいますのでご注意を。







12.
縫い合わせた持ち手のぬいしろはアイロンで割っておきます。


13.
ハワイアンファブリックと帆布が外表になるように、持ち手をアイロンで押さえます。
こんな感じでつながりました♪



14.
持ち手の外側のぬいしろ1pををアイロンで折りたたみます。ハワイアンファブリックも帆布も両方してくださいね。



カーブ部分はちょっと大変ですが、同じようにアイロンで折りたたみましょう。



15.
ぬいしろを折ったハワイアンファブリックと帆布を、マチ針で止め合わせます。


16.
端から2〜3mmのところをミシンで縫い合わせます。一気にぐるりと縫っていきましょう♪



17.
持ち手内側も16と同じように、ミシンでステッチを入れます。


18.
17の途中、つなぎ目のところに来たら、補強のため画像のように縫っておいてくださいね。



19.
はい、出来上がりです♪

お店でよく見かけるラウンドトートも、ご自分で作っていただけます(*^_^*)今回はしっかりした11号の帆布を使用しましたので、ハワイアンファブリックに接着芯を貼っておりませんが、しっかり自立するバッグになりました。もっともっとしっかりしたバッグにされたい方は、接着芯を貼って作ってくださいね♪

是非お好きなハワイアンファブリックで作ってみてくださいね〜。



底面。


内側。


このページはハワイアンファブリックをご購入されたお客様とハンドメイドを個人で楽しんでいる方のためのページです♪このページを参考にした商用利用は固く禁じさせていただいております。



Copyright (C) Fabric Lanai. All Rights Reserved.